健康診断における理想の医師とは?

健康診断

健康診断では、患者と医師とのコミュニケーションがメインとなってきます。

それでは理想のコミュニケーションを取る医師であるためには、何をすれば良いのでしょうか。

 

 

まず、目標である自分の「理想の医師」を、具体的に言葉にしてみましょう。

 

「親切で暖かい雰囲気を持つタイプ」

「クールで優秀なタイプ」

「情熱のある熱血タイプ」

など、できる限り細かく頭に思い浮かべます。

 

世の多くの目標達成方法は、具体化すればするほど、達成しやすくなると言われています。

漠然と「良い医師になりたい」と思うのではなく、どんな医師であり、どんなコミュニケーションを取るかをしっかりと考えていきましょう。

医師のコミュニケーションは、ノンバーバル(非言語)に重きを置く傾向にあります。具体的に考えることで、健康診断における診察のイメージも持ちやすくなります。

 

この理想像を思い浮かべる時に、自分自身に合った範囲で設定することが大切です。

力強くスピーディな雰囲気の人が「物静かで穏やかなコミュニケーションを取る医師」と設定してしまうと、後に医者自身が違和感で苦しむことになってしまいます。無理のない範囲でのキャラクター設定が重要です。

 

理想とする人物像は、目標としたいモデルがいれば分かりやすいでしょう。身近な人から芸能人、漫画のキャラクターでも構いません。

理想像は全て紙に書き出し、「理想像を表現するには、どのような手段が有効か」を同時に考えていきましょう。

例えば穏やかな医師が理想であれば、どんな表情やしぐさをするのか、どれだけの声量で話すのかなど、リストにまとめていきましょう。

 

医師の求人の中では「お子様やご家族、スタッフと良好なコミュニケーションがとれる」ということを条件に挙げていることも多いそうです。【良好なコミュニケーション】には様々な【正解】があります。各自が自分に合った理想のコミュニケーションを探り、正しい理想を持っておくと良いでしょう。