見た目の情報

勤めている病院によっては、医師の服装の規定があるかもしれません。例えば、ネクタイ着用が義務である場合や、スニーカーやジーンズ、茶髪などの禁止という場合などです。若い医師であれば、堅苦しい、面倒くさいと感じることがあるかもしれません。しかし、服装は人の印象を大きく左右します。コミュニケーションにおけるノンバーバル(非言語)な部分において、視覚情報はい大きな影響を与えます。

服装の規定を守ることはもちろんですが、自分の服装や髪形は、自分の理想とする医師のイメージに合っていることが大切です。例えば、「優秀で信頼できる医師に見られたい」と思っている場合、ネクタイは「信頼性」や「紳士性」を表すことができます。

ここでもし、スニーカーやジーパンなどのカジュアルな見た目であった場合、印象が変わってしまいます。逆に「親しみやすい」「かっこいい」などという印象を持たせたい場合には、これらの服装も場面によっては効果的です。しかし、医師の場合は社会人や年配の方の相手をすることも多いため、気を付けなければなりません。また、派手な色づかいの服装は、不調がある人を相手にする仕事ですので、あまり好ましくありません。

プライベートであれば自由なファッションを楽しむことは大切です。しかし、医師として職場に入る場合には、見た目にも気を付けなければなりません。あらゆる年齢層に悪い印象を持たせないことを意識して、服を選びましょう。どんなに腕が良い医師であっても、見た目の情報だけで相手に不信感を持たれてしまっては、もったいないと言えるでしょう。自分のセンスに合った服装ではなく「医師であるというイメージに合った服装」という意識を持つことが大切です。

コメントする