髪型と服装

医師の服装や髪型には規定がない病院もありますが、患者に不快感を与えないことが前提です。あらゆる年齢層に受け入れてもらえる服装や髪型には、どんなものがあるでしょうか。自分のなりたい医師の印象も考慮しながら、あくまで基本となるものを考えていきましょう。

髪型については、医療現場で許される髪色は地毛以外であれば自然な栗毛色までが多いそうです。当然ながら例外もありますが、明らかにカラーチェンジをしたような色であれば不真面目な印象を与えてしまうこともあるそうです。男性の長髪も、不潔な印象や、だらしない印象を与えてしまいます。後ろで髪を束ねている男性医師が担当になった時に、年配の方が「主治医を変えて欲しい」と申し出たという例もあるそうです。女性であっても髪はきちんと束ね、うつむいた時に支障のない長さやまとめ方をしなければなりません。

服装については、「清潔なもの」を選びましょう。白衣に汚れやシワがある場合は、だらしなく、鈍重な印象を与えてしまいます。白衣のボタンをしっかりととめ、前がはだけないようにしましょう。アクセサリーの類は禁止されていなければ問題ありませんが、ピアスなどの落ちる可能性のあるものや、診察中の患者の意識が向いてしまうほど派手な物も避けた方が無難です。ジーンズなどのカジュアルな服装や、歩くたびに音の出るほどヒールが高い靴も医療現場には不適切です。医療現場で信頼感を持たれる服装を意識する必要があるでしょう。迷った場合には先輩に相談の上、現場に合ったものを選んでいけば安心です。

見た目の印象は時代と共に変わっていきます。しかし現在、特に年配の方のイメージは変えにくいため、医師側が患者の感覚に合わせていくことが大切です。

コメントする