直腸内触診

この検査は、患者さんの肛門に医師が指を挿入し肛門や直腸下部、前立腺などの病変を探る者である。前立腺とは泌尿器の1種であるのだが、肛門側からも触れることが出来る為、触診からも病気発見・診断に役立てることが出来るのである。
さて、この検査より何が分かるかというと、多くは大腸がんや大腸ポリープである。直腸の下部にできる事が多いこれらの病気に対する診断・発見には非常に簡便且つ有効な検査だといえるだろう。直腸内触診より異常が見つかったら、直ちに内視鏡検査を行う。観察を行うとともに組織も採取し生検を行っていく。見つかったものがポリープだった場合は経過観察若しくは切除になるだろう。前立腺の場合は、大きさ・形・表面の凹凸・圧痛等を調べることで前立腺肥大や前立腺がんの発見・診断に役立てていく。
基本的には苦痛もほとんど無く、時間も約1~2分で終わる検査のためそれほど心配する検査ではないだろう。しかし、緊張してしまうと指が入りにくくなってしまう。診察台の上に寝ころび触診を行う際は、口を軽く開き、肩の力を抜いて排便をするように軽くいきむと指が入りやすくなる為、スムーズに診察が進むだろう。どうかリラックスして受診してもらいたく思う。
この触診の際に、硬いもの・ふくらみに触れた感触があったら大腸がんないし
大腸ポリープを疑う必要が出てくる。凹凸があるならば前立腺がんの可能性があるだろう。直腸内触診と内視鏡検査・組織検査の結果も加味して診断を最終的に下すことになる。治療の必要がある者は医師の判断の元治していき、除去する必要があるならば入院して手術することになるだろう。

コメントする