画像によって病気を診断する

画像診断というのは、検査でとった画像を使って診断することだそうです。基本的には「写真」を撮るだけの検査になるそうです。検査をするときに、鎮静剤を使ったり、造影剤を使うこともあるそうです。画像診断というのは、放射線を使う単純X線検査、消化管バリウム造影検査、CT、乳腺撮影、骨密度検査などがあるそうです。また超音波や核磁気共鳴現象を利用した画像、内視鏡を使った画像もあるそうです。超音波は心臓超音波検査、頸動脈超音波検査、超音波式骨密度検査などだそうです。電磁波はMRIがあるそうです。光は、眼底写真や気管支鏡などがあるそうです。画像検査というのは検査機器に依存する部分が大きいそうです。機器の進歩や開発はとても速いというこで、高性能の機器が毎年のように出てきているそうです。新しい機器はよりよい画像診断につながるそうです。検査で出た画像は直感的にわかるものではありますが、より正確な診断をするためには検査方法と検査対象の病気を熟知している専門家の判断がとても重要となるそうです。もちろん検査を行う技師や看護師、画像検査を支える医療機関のシステムなども画像診断の質に大きく関わってくるそうです。検査機器、検査をする人、検査を支えるシステムとがバランス良く機能していなければ最高の画像診断をすることができないそうです。画像検査は病気の情報を得るためのものですが、だからといってどんな検査にも副作用はありますし、なんらかのデメリットはあるかと思います。その検査をするかしないかの判断は医師がすることになるそうです。過剰な検査や不必要な検査をおこなうデメリットは大きいと思いますので、無理な検査を要求するのはやめたほうがいいそうです。

コメントする